Katsura Moshino 若野桂

PROFILE Katsura Moshino

profile-img

Katsura Moshino (born in 1968)

Graphic designer / Artist / Videographer
Working as Visual Creator contribute illustration, graphic design, visual image and animation to edgy musicians in various fields such as Punk Rock, New Wave, Hip Hop, House, Reggae, Jazz, Rare Groove, Break beats, Funk, Techno, Electro and so on from all over the world, since late 80’s to now.
Coproduction with NIKE as a Visual Character Producer and Director for The NBA play-off campaign with CM which appeared in 15 cities in North America and Subsequent International Campaign from 1997 through 2000.
Producing Many of International epoch making work in various field such as the Remarkable Creation for the basic design of 3 character to 3rd generation of World famous AIBO which quadruped walking robot was World simultaneous released from SONY in 2001.
Katsura Moshino is one of the leading international creator who symbolizes an advertisement and product design in Japan.

shows

1998 “GO GO GO SHOW” (Michael Economy and Katsura Moshino)Shibuya PARCO GALLERY (Tokyo Japan)

2000 “DISCOGRAPHY” Solo Exhibition / PARCO GALLERY (Nagoya Japan)
2001 “Chilling Madness for Sweeties” Solo Exhibition / Canon Wonder Museum (Tokyo Japan)

2003 “VERSUS EXHIBITION’02″ Shibuya PARCO MUSEUM (Tokyo Japan)
2003 “UP OUR SLEEVE” (Losangels / Tokyo / London)

2003 “MY ADIDAS EXHIBITION” (Tokyo / Paris / London / Losangels / N.Y.)

2004_06 “HIDE AND SEEK” (Hongkong / Singapore)

2006 “RAW” Solo Exhibition (Kyoto / Osaka)

2009 “BLACK MARKET” Solo Exhibition / GALLERY SPEAK FOR (Aoyma Tokyo)
2013 “Family Ties” Solo Exhibition / NOS ORG (Shibuya Tokyo)
2015 “FACE 2 FACE SHOW” Solo Exhibition / (Tokyo / Nagoya)

books

1998 [Moshino's Works for Girl Studio] (Kawade-Shobo ISBN-4309902804)

2005 [Raw Communication] (Shobunsha ISBN-4794966806)

2001 [AIBO BOOKS](Sony Magazines ISBN-4789717453)

2001 [Dogs by keith Haring] (Sony Magazines ISBN-4789717364)

awords

1999 New York A.D.C. (U.S.A.) American Illustrations
“Players Deright” CM by Nike (30sec)

2002 Japan Institute of Design Promotion / Good Design Award / Product Design department
“Entertainment Robot AIBO 300series Latte &Macaron”

2002 NIKKEI BP Design Award Product Design department / Bronze Award
“Entertainment Robot AIBO 300series Latte &Macaron”

2002 Cartoombria Film Festival Invitation screening (Perugia Italy)
“SIGN” all animation : Katsura Moshino / all music:Nobukazu Takemura (10min)

2003 SITGES Festival Internacional de Cinema Fantàstic de Catalunya / short movie nominations screenings
“SIGN” all animation : Katsura Moshino / all music:Nobukazu Takemura (10min)

2004 Space Shower TV / Music Video Award (Space Shower TV / Japan)
“Breakthrough Video” Kokoro Odoru : Nobodyknows (SONY) / (director, Animator)

client

NIKE, SONY, Toshiba, Canon, NEC, Microsoft, JT, JRA, EVIAN, SUNTORY, Sony Ericsson, Adidas, PARCO, CASIO, Walt Disney, SONY MUSIC, TBS, GAP other (in no particular order)


若野 桂 (Katsura Moshino)

グラフィックデザイナー/アーティスト/映像作家
1968年生まれ。1980年代中期から世界各国のエッジな音楽家達との密接な制作活動を続け、パンク、ニューウェーブ、ヒップホップ、ハウス、レゲエ、ジャズ、レアグルーブ、ブレイクビーツ、ファンク、テクノ、エレクトロなどの幅広い音楽シーンのために、イラストレーション、グラフィックデザイン、映像、アニメーションなどを30年以上に渡って制作している。
また、企業との共同制作においては、1997年から2000年まで展開したナイキの北米15都市におけるNBAプレイオフ・キャンペーンとそれに続く国際的キャンペーンおよびCMのキャラクター・ビジュアルと監督、2001年に世界同時に発売されたSONYの4足歩行ロボットAIBOの第三世代3種の基本デザインをはじめ、多くの国際的にエポック・メイキングな作品を制作し、1990年代の広告界のオリジネーターであり、現代の広告およびプロダクト・デザインを象徴する国際的な日本人クリエーターの一人である。

主な展示

1998年「GO GO GO SHOW」(マイケル・エコノミー×若野桂) 渋谷PARCO GALLERY(Tokyo Japan)

2000年「DISCOGRAPHY」Solo Exhibition@PARCO GALLERY(Nagoya Japan)

2001年「Chilling Madness for Sweeties」Solo Exhibition / Canon Wonder Museum(Tokyo Japan)

2003年「VERSUS EXHIBITION’02」渋谷PARCO MUSEUM (Tokyo Japan)

2003年「UP OUR SLEEVE」(Losangels / Tokyo / London)

2003年「MY ADIDAS EXHIBITION」(Tokyo / Paris / London / Losangels / N.Y.)

2004_06年「HIDE AND SEEK」(Hongkong / Singapore)

2006年「RAW」Solo Exhibition(Kyoto / Osaka)

2009年「BLACK MARKET」Solo Exhibition / GALLERY SPEAK FOR (Aoyma Tokyo)
2013年 「Family Ties」Solo Exhibition / NOS ORG (Shibuya Tokyo)
2015年 「FACE 2 FACE SHOW」Solo Exhibition (Tokyo / Nagoya)

主な著書

1998年初版発行「若野桂グラフィックワークス」(河出書房)ISBN-4309902804

2005年初版発行「ロウ・コミュニケーション/若野桂作品集」 (晶文社)ISBN-4794966806

2001年「アイボ・ブック」(ソニーマガジンズ)ISBN-4789717453

2001年「ドッグス」キース・ヘリング著書への日本語文章提供 (ソニーマガジンズ)ISBN-4789717364

主な賞歴

1999年 ニューヨーク・アートディレクターズ・クラブ(U.S.A.) / アメリカンイラストレーション入賞
『ナイキ / プレイヤーズ・ディライト・キャンペーン30秒CM×3種』

2002年 公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン賞 商品デザイン部門
『エンターテインメント・ロボット・AIBO 300シリーズ ラッテ&マカロン』

2002年 日経BPデザイン賞プロダクト部門 / 銅賞
『エンターテインメント・ロボット・AIBO 300シリーズ ラッテ&マカロン』

2002年 カートゥンブリア映画祭 招待上映(cartoombria / イタリア・ペルージャ)
『サイン / アニメーション:若野桂 / 音楽:竹村延和(10分)』

2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 ショートムービー部門ノミネート上映
『サイン / アニメーション:若野桂 / 音楽:竹村延和(10分)』

2004年 スペース・シャワー・ミュージック・ビデオアワード
ブレイクスルー・ビデオ賞『ココロオドル』映像監督 / アニメーション制作

主なクライアント

NIKE、SONY、東芝、キャノン、NEC、マイクロソフト、 JT、JRA、EVIAN、SUNTORY、ソニー・エリクソン、アディダス、PARCO、CASIO、Walt Disney、SONY MUSIC、TBS、GAP 他(順不同)